資金繰りに困ったら

資金とは血液のようなもの

急激な売り上げ増は要注意?

売上が伸びれば、ほとんどの場合は利益が上がります。
但し、売上と共に、仕入れや経費なども上昇していることを忘れてはいけません。
商品であれば、売上がたつという事は仕入れをしているという事で、売り上げが上がるよりも前に仕入れを行う必要があります。
売り上げた金額が入金される前に仕入れた商品代金を支払うタイミングがやってくるという事です。
この、入金のタイミングと支払いのタイミングを見誤ると、期日までに商品代金を支払うことができず、一気に信用を失ってしまう事になります。
最悪の場合、売り上げたはずの取引きがキャンセルになってしまう恐れもあります。
そうなったら一気に事業縮小、最悪の場合、倒産してしまう恐れもあるのです。

資金繰りが悪化しそうな場合

支払い時期が迫っているのに、入金するための資金が足りそうにない。
そんな場合は、先ず、もう一度、資金を確認します。
現金以外にも定期預金や余剰資金を運用していた公社債投資信託などが無いか、などです。
また、回収できていない売掛金があれば、再度回収の段取りをする、また、売掛金の中で、前倒しでの回収の交渉ができる取引先があれば交渉するということも有効です。
商品の在庫で、長い間動いていない不良在庫などが無いか確認することも重要です。
利益が少なくなったとしても、在庫しておく場所の地代などを圧縮することもできます。
資金繰りが悪化しそうなタイミングが少し先の事である場合は、資金化できる不動産や設備などが無いか、あれば、資金化し、準備しておくという方法もあります。


TOPへ戻る