資金繰りに困ったら

資金繰りを管理するには

資金繰り表の作り方

資金繰りで必要な情報は収入と支出についてです。
収入であれば、現金での売り上げ、売掛金の回収、手形入金、手形割引、借入金、そしてその他の受け取り利息や配当金などです。
支出の方は、現金仕入、買掛金の支払い、支払手形、人件費、支払利息、固定資産購入、借入金の返済などについて記載します。
それを「事業での収支(経常収支)」「設備の投資や売却(設備収支)」「借り入れや返済(財務収支)」と分けて記載するとより分かりやすくなります。
月ごとに予想と実績を併記していくようにします。
また、予想を記入していく際には、大幅に予想を下回ったり、上回ったりするようなことが無い様に、収入は低め(控え目)に、逆に支出は余裕をもった数値を入力するようにします。
エクセルなどを使った表はネット上に、ダウンロードできるフリーフォーマットも多く存在します。

資金繰り表の活用方法

現在、近い将来の支出と収入を確認するための資金繰り表。
資金の調達には時間がかかりますから、少なくとも3か月先までの予測を行っておく必要があります。
実施に作った資金繰り表を確認し、順調に進んでいる場合は、もう少し先の将来を見据えて、資金の運用を検討したり、借入金返済に充てると資金繰りも安定します。
逆に、業績が悪い方向に向いている場合、売掛金の回収が遅れているような場合は、再度、回収に向けて作戦を練るなどに意識を向ける必要があります。
売掛金の回収などの予定がない場合、銀行などの金融機関、自治体からの借り入れなどを検討する必要があります。
前述したとおり、審査に時間がかかる事ですから、余裕をもって動き出す必要があります。


TOPへ戻る